更新日:2018/05/11

第15回 英語教育総合学会

日時:6月9日(土)13:00-17:20
場所:関西学院大学 大阪梅田キャンパス K.G.ハブスクエア大阪 10F

シンポジウム
小学校の英語教科化と中学の連携
-新教材 We Can! でどう教えるか-

コーディネーター&コメンテーター 成田一(大阪大学)

「新教材にみるこれからの小学校英語-何を、どんなふうに教えるか」田縁眞弓(京都ノートルダム学院小学校)

「小学校外国語新教材における語彙の取り扱いに関する調査」齋藤聖史(高知県四万十町立田野々小学校)

「これからの小・中接続した文字指導の在り方-バランスト・アプローチによる系統性のある読み書き指導を」畑江美佳(鳴門教育大学)

「小学校外国語科における文字と音の扱い-どのように、そして、どこまで」池田周(愛知県立大学)

「音声やことばへの気づき-We Canの指導ポイント」今井淳子(OBK児童英語講師自己研鑚の会)

「第二言語コミュニケーションの学習適性を測定する復唱 (シャドーイング)力」門田修平(関西学院大学)

全体討論


資料代 500円、どなたでも参加可能。一般の方歓迎。直接会場にお越し下さい。
懇親会(3000円±500円)にご参加の方は5月20日までに連絡ください。

連絡/問い合わせ 事務局 orchid-e [AT] kcc.zaq.ne.jp (メール送信の際は [AT] を @ に変更してください)

シンポジウムの理念と概要

2020年より小学校高学年では英語が教科化され、中学年では外国語活動が実施されるが、それまでの移行期には高学年で文科省の教材『We Can!』が、中学年で文科省の教材『Let’s Try』が使用される。シンポジウムでは、教材『We Can!』の特徴を分析すると共に、小学校におけるそれを使った効果的な指導法について検討し、中学校における英語教育にどのように連携していくべきかを考えたい。なお、全体討論では、高校における「英語で授業」の実情についても意見交換の予定がある。

田縁講師:移行期間に使用される文科省の高学年教材『We Can!』が、中学年教材の『Let’s Try!』とともに小学校現場に、この春届けられた。その内容に関して、文科省が挙げる8つのポイントに従い、その具体的な指導法を考える。また、4月から実際にその教材を小学校現場で使用している立場から、児童の取り組みの様子を報告する。

齋藤講師:移行期間中に使用される小学校外国語教育の新教材『Let’s try!1・2』『We can! 1・2』を対象に、語彙の使用頻度について調査を行った。本発表は、新教材において使用されている語彙の出現頻度の実態を紹介するとともに、調査結果から見えてくる傾向や特徴、語彙指導に関わる課題や留意点等について報告する。

畑江講師:新学習指導要領を受け、今後小学校高学年から、大文字・小文字の読み書き、音声と文字とを関連付け、推測しながら読んだり,語順を意識しながら語句や表現を書き写す、などの指導が行われる。本発表では、小学校でのこれらの指導法、そして、読み書きの指導を受けてきた児童を、中学校でどのように伸ばしていくべきかについて考える。

池田講師:本発表では、まず、新小学校学習指導要領およびその解説から、外国語科における「英語の文字に関連する学習内容」を読み取る。その上で、小中連携を踏まえながら、新教材『We Can! 1・2』を用いてどのような形で、どのような側面について、どの段階まで指導を行うべきかについて具体的に考察、提案する。

今井講師:単に、語や文の繰り返しや丸暗記を求めるような授業の進め方では、児童の不安を高めたり、浅い学びになってしまう。深い学びにするためには、「音声・ことばへの気づき」を大切にしたい。児童が主体的に深く学ぶために、「観察・比較・外部化・協働的な気づき」のプロセスを経て、母語である日本語と英語への理解を深めたい。

門田講師:言語適性は、生まれつき人が持つ言語学習能力で、外国語の習得に影響力を持つとされている。インプット音声の復唱力を鍛えるシャドーイングには、コミュニケーションの多重処理やそれを制御するメタ認知能力の促進効果が期待できる。適性テストとして今後小学校英語教育への導入の可能性を模索したい。

更新日:2017/07/30

第14回 英語教育総合学会

日時:9月10日(日)13:00-17:20
場所:関西学院大学 大阪梅田キャンパス K.G.ハブスクエア大阪14F

シンポジウム
明示的な文法と発音の指導
―最前線の研究と教育実践―

コーディネーター&コメンテータ 成田一(大阪大学)

「明示的な指導による堅実な習得」成田一(大阪大学)

特別講演「基礎定着のための効果的な文法学習を考える」鈴木祐一(神奈川大学)

「日本中の高校生を変えたラウンド授業」幸前憲和(クロスインデックス)

「教え込まない体験型学習法~良質なインプットで気づきを促す~」伊藤美幸(大阪教育大学院生)

「児童向けの明示的な文法指導・音声指導」池亀葉子、今井淳子(OBK児童英語講師自己研鑚の会)

「第二言語(英語)の顕在的・潜在的学習の仕組み」門田修平(関西学院大学)

全体討論

参加費 500円、どなたでも参加可能。一般の方歓迎。直接会場にお越し下さい。
懇親会(3000円~4000円予定)にご参加の方は8月10日までに連絡ください。
連絡/問い合わせ 事務局 orchid-e [AT] kcc.zaq.ne.jp (メール送信の際は [AT] を @ に変更して下さい)

シンポジウムの理念

文科省はコミュニケーション能力ばかりを強調するが、英語との言語差が極めて大きい日本語を母語とする学習者が全く異なる文法と発音を明示的に学び、これを自由に運用する処まで訓練して、やっとコミュニケーション能力の言語的な基盤が出来上がる。 「明示的に学び、これを自由に運用する処まで訓練」というプロセスは学習者が個人でやれないこともないが、授業の中で教師が指導する場合、ラウンド教育が必要になる。
ただし、授業時間には限りがあるので、文法は3回目以降の訓練は学生が個人的に行うことが望ましい。発音は学生の発音が正しくなるまで教師がアシストすることが必要だ。それ以降のブラッシュアップは学生自身の努力に依るしかない。多聴、多読も運用の基盤となる文法の定着には不可欠だ。
なお、言語獲得期の幼少期には適切なインプットがあれば、日本人でも英語の習得が意識下で進行するので、そうした素材を与える環境に置くだけで良いが、それに相応しいDVDが大阪府の委託で幼児英語教育に実績のある企業が1年半に渡り3000人の児童に実践研究を実施し制作しているので、それも紹介したい。ただし、週に数時間の幼児英語教育の場合、インプット量が限られるので、明示的な文法に相当する典型的な例文により潜在的な文法習得のプロセスを後押しする補強教育が必要だ。その実践団体にも報告いただく。

シンポジウム「明示的な文法発音教育の効果」では、以上のことを巡る様々な教育について理論と実践の両面から具体的に論じる。フロアの参加者との質疑応答の全体討論には45分ほど予定している。

講演概要

成田:英語との言語差が極めて大きい日本語を母語とする学習者は、全く異なる文法と発音を明示的に学び、自由に運用する処まで訓練してこそ、コミュニケーション能力が身に付く。

鈴木:高校生が中学英語をどれくらい使いこなせるかを調べた調査結果を報告し、中学の基礎的な文法知識をどのようにして定着させれば良いかを第二言語習得の観点から考える。

門田:顕在・潜在記憶の形成過程を踏まえ、第二言語の潜在的学習法としての多聴・多読とその理論背景として有望な用法基盤モデルについて検討したい。

幸前:徹底多聴多読ラウンド制授業を中心にした長期実践データと教育科学・認知科学の知見などから導き出した人の学習メカニズムの核心にも踏み込みたい。

伊藤:学級担任が短時間学習を活用して、児童の成長に合わせた良質で多量のインプットを繰り返し積み上げ、段階的に4技能を伸ばしていく指導法を紹介する。

池亀・今井:グラスルーツでは Visual, Auditory, ImaginKinesthetication, Logic を組み込む multimodal な文法、文字・音声指導により体で感じ心が動く事で学びを深めロジックへ繋げる。

特別講演内容:日本の高校生を対象とした調査では、中学校で学んだ基礎的な文法能力の定着が十分でないことが明らかになっている(金谷2017)。このような調査結果から、以前に学んだことを定着させるために繰り返し練習を行う必要があると言えよう。第二言語習得(SLA)研究から、繰り返し練習を効果的に行うために、いつどのように繰り返し練習をデザインすれば良いかを提案する。実証的な研究結果から、クラスルームでの言語活動とカリキュラムへの示唆について考える。

更新日:2016/12/06

第13回 英語教育総合学会

日時:1月9日(月)13:00-17:20
場所:関西学院大学 大阪梅田キャンパス K.G.ハブスクエア大阪14F

シンポジウム
英文読解の脳内メカニズムと効果的な指導

「英文読解の脳内処理」井狩幸男(大阪市立大学)

「楽しい英文読解で伸びる英語力―小中連携の効果的な指導―」畑江美佳(鳴門教育大学)

「英文読解の授業をどう運用力に繋ぐか?」大平佑有子(渋谷教育学園)

「自動翻訳と学生の読解力」成田一(大阪大学)

「シャドーイング・音読が伸ばす英語の発話力」門田修平(関西学院大学)

全体討論

参加費:500円、どなたでも参加可能。一般の方歓迎。直接会場にお越し下さい。
懇親会(3000円~4000円予定)にご参加の方は12月25日までに連絡ください。
連絡/問い合わせ 事務局 orchid-e [AT] kcc.zaq.ne.jp (メール送信の際は [AT] を @ に変更してください)
駐車場はありません。

シンポジウムの理念

外国語教育の目標は「コミュニケーション能力の育成にある」とする文科省の指針に沿って、学校教育の現場では、文法や読解の時間を削減していきなり英会話や「英語での授業」に舵を切る傾向もある。だが、英語の基礎力が脆弱なままだと、定型表現のキャッチボールか教室英語を使った薄っぺらな内容の授業に陥ってしまうだけでなく、授業について行けない生徒も溢れるのが実情だ。近年、園児期からの早期英語教育が次第に浸透しつつあり、中学入試に中卒や高卒レベルの英語の試験が出題されるなど、英語教育は大きな変革の時期を迎えつつある。しかし、変革への過渡期の現在、中高生の英語運用力は、母語と極めて異質な英語の主要な文法をしっかりと学び、読解でそれを鍛え、作文力を磨く。さらに英語の激しい発音変容のメカニズムを習得し、聴き取りと発話につなげる。そうした道筋を踏んで育てることが不可欠だ。シンポジウムでは、特に脳機能を踏まえて、読解力を効果的に育成し、運用力へつなげて行く可能性を探りたい。